自交総連siteトップ > 自交共済

自 交 共 済
この共済は、自交総連と全労済の制度をセットした共済制度です
(※ 詳しくは各都道府県の全労済へお問い合わせください)


〜全員加入で大きな安心を〜

加入の手続き

自交共済は、自交総連の組合員のみが加入できる自前の助け合い制度です。
まだ加入していない組合員のみなさん、加入は、組合・支部ごとで全員加入が条件となっています。すぐに組合で話し合いをはじめてください。
安い掛金で大きな給付、わたしたちの共済制度を大きく育てましょう。

加入


自交共済給付内容の一例

給付内容は、たとえば傷病による休業給付の場合だと、
7日以上=1万円、14日以上=2万円、30日以上=3万円、
90日以上=4万5千円、120日以上=6万円となります。(※連続休業の場合のみ)
保険金と異なり、給付金は何度でも受け取ることができ、契約は継続されます。

給付

詳しい給付内容

-------------------------------------------------------------------------------

自交共済新年金とは……

自交共済新年金は、組合員なら誰でも加入することができます。


その1 無理のない積み立てで将来必要な資金づくりができます
ライフサイクルにあわせた掛金額の増減や随時払いの活用で、
無理なく将来の生活に必要な資金を貯めることができます。


その2 自由な積立方法です
月払い3000円から掛金が選べます。また、まとまったお金ができたときは、随時払いもできます。
積み立てた掛金を年金で受け取るプランと、
受け取り時に医療保障、介護保障、生命保障、年金での受け取りの中から保障を選択できるプランがあります。
家族構成・ライフプランなどにあわせて保障設計できる新団体年金共済で、ご自分に本当に必要な保障を考えましょう。


その3 貯蓄としても有利です
積立期間中に解約された場合、積立金プラス割戻金が支払われます。


その4 終身年金か確定年金を選択できます
終身年金は、長生きするほど有利、生涯にわたり年金を受取れます。
年金受取開始後に万が一のことがあっても、最高15年もしくは75歳までの期間は、残された家族が年金を受取れます。
確定年金は、5年・10年・15年のいずれかを選択できます。年金受取開始後に万が一のことがあっても、
この指定した期間中は、残された家族が年金を受取れます。


その5 申込手続は簡単です
加入申込書に必要事項を記入・押印し、組合に申し込んでください。


もくじへトップへ戻る


自交総連siteトップ > 自交共済

自 交 総 連