2000年 2001年 2002年 2003年
2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年
2012年 2013年 2014年 2015年
2016年 2017年 2018年 2019年
2020年 2021年 2022年              

掲載日 内    容
2022/7/15 「自交労働者新聞」 No.963、2022年07月15日付けから
自交総連加入を呼びかけ/千葉・茨城・群馬・埼玉をキャラバン/関東ブロック宣伝行動
憲法改悪阻止のたたかいが重要/参議院選挙 改憲勢力が3分の2/本部書記長・菊池和彦
自主経営の役割を明白に/自主経営交流会議を開催/東北ブロック
最賃1500円に引き上げを/自交総連が意見書提出、「支払い能力論」に反論/最低賃金は守られていますか
定額相乗り交通「mobi」に試乗/到着時間が不確定で不便 緊急性を求めるならタクシー
ソフトメーター、変動運賃制度推進を記述/骨太の方針」、規制改革実施計画を閣議決定
2023年手帳・ダイアリーの紹介/注文をとりまとめ、本部へご報告を
2022/6/20 「自交労働者新聞」 No.962、2022年06月15日付けから
自交労働者の未来かかった選択/賃金低下、物価上昇止まらず/参議院選挙
投票は簡単、選挙に行こう/参議院選挙は2回投票
22年参議院選挙特集4/平和と憲法をめぐる各政党の主張
組織拡大へ 労働者へ呼びかけ/10年ぶりに山形駅で宣伝/京都で総がかり宣伝行動/鹿児島で連日の街宣行動
インボイス導入の中止を/個タクへの被害を指摘/大門実紀史参院議員(共)質問
事故が多いのになぜ/電動キックボード解禁に反対/田村智子参院議員(共)質問
累進歩合廃止の徹底を/通達作成に厚労省へ意見を提出/改正改善基準告示
2022/5/24 「自交労働者新聞」 No.961、2022年05月15日付けから
「生活守るのは自交総連の役割だ」/2年ぶりに5地方20人が参加/関東ブロック宣伝行動
職場確保の闘いで25人に増加/他組織から自交総連へ相次ぎ移動/秋田 あさひタクシー労組
ラジオCMで組織拡大/乗務員負担問題を告発/京都地連・総評
3年ぶりにリアル開催/城委員長が決意表明/第93回中央メーデー
改憲発議許さない/のべ1万5000人が参加/5・3憲法集会
交通安全に不安/道交法改正案で警察庁からレク受ける/電動キックボード解禁
道路交通法改正 事業者の要望を受け電動キックボード規制緩和/ライドシェア解禁にもつながる規制緩和/シェアリング事業者の意見で安心・安全をおろそかに強行
経済財政諮問会議で提言/ダイナミックプライシング推めるべき
走行`当たり事故、タクシーは増加/コロナで走行距離減り全体は低下/事業用自動車の重大事故
新加盟のなかま/(865)千葉・ヒノデ第一交通市川労組/幹部の専横に反発
22年参議院選挙特集3/変動運賃・ライドシェア、改善基準告示/労働者の意見が取り上げられる政治に
2022/4/18 「自交労働者新聞」 No.960、2022年04月15日付けから
コロナ危機を乗り越え、かちとれ賃金増/要求獲得へたたかいを展開/自交総連2022年春闘
「頼もしい仲間増えた」/賛同受け、他労組から17人が加入/神奈川・箱根登山ハイヤー支部
最賃支払う約束させ7人加入/学習決起集会、宣伝を実施/鹿児島 全労連組織拡大重点計画
11時間は努力規定に/バス・タク作業部会で報告案を了承/改善基準告示
9時間で十分な睡眠がとれるのか/武田良介参院議員が休息期間について追及/国会質疑
タク年収249万円、格差は247万円に/コロナ前から50万円以上も減少/タクシー労働者労働条件比較
22年参議院選挙闘争方針【2】/自交労働者と政治との関わり/誰が労働者の味方か慎重に見極めよう
2022/3/22 「自交労働者新聞」 No.959、2022年03月15日付けから
労働条件改善、コロナ危機突破を/42台の車両が集結、3500筆の署名提出/3・2中央行動
国土交通省・厚生労働省、全タク連交渉
命を守るため休息期間11時間に/高橋千鶴子、宮本徹衆院議員が質問/改善基準改正についての国会質疑
ロシアのウクライナ侵略に抗議し、直ちに撤退、平和の確立を求める決議/22年3月1日 自交総連第4回中央執行委員会
「11時間は努力規定に」と使側が強硬に主張/タク作業部会も結論は持ち越し/改善基準改正 休息期間
交運労働者の共闘を/改善基準告示改正で全力/交運共闘第33回総会
22年参議院選挙闘争方針【1】/政党との関係と選挙闘争の基本方針
2022/2/28 「自交労働者新聞」 No.958、2022年02月15日付けから
コロナ危機を乗り越え、かちとれ賃金増/春闘方針案を満場一致で可決/第44回中央委員会
コロナ禍で「人並みの生活できない」/ZOOM使用で7地方9人が発言/第44回中央委員会
法律を守らせ賃金増/賃金、政策課題、政治闘争、組織拡大を/執行部答弁
変動運賃問題、解雇事件について報告/11地方24人の弁護士が参加/第44回弁護士交流会
休息期間11時間/9時間で対立/バス労働側が努力義務を容認の発言/改善基準改正審議
一時金支給、最低賃金アップなど賃金対策が要望の大多数/22春闘アンケート 自由設問の回答
2022/02/28 「自交労働者新聞」 No.957、2022年01月15日付けから
新年への抱負〜新加盟の仲間から〜
事業存続のための経済的支援拡充を/中央執行委員長  城政利
世論受け厚労省の姿勢前向きに/団体署名1071、ネット署名2万7000筆以上を提出/休息期間11時間確保を
年間収入「減った」が85%/コロナの影響引き続き深刻/22春闘アンケート集計結果

2000年 2001年 2002年 2003年
2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年
2012年 2013年 2014年 2015年
2016年 2017年 2018年 2019年
2020年 2021年 2022年              




自 交 総 連