2000年 2001年 2002年 2003年
2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年
2012年 2013年 2014年 2015年
2016年 2017年              

掲載日 内    容
  2002年春闘 回答速報
2002/12/19 「自交労働者新聞] No.593、2002年12月15日付けから
規制緩和で生活・労働破壊 第2回中執 怒りを行動に、春闘に
環境・福祉などを重視 第2回政策委 中央委員会で報告
11・20 各地の行動 宣伝や交渉など多彩に
宮城地連 タクシー実態アンケート 7割がダンピングあると回答
千葉地本 区域外営業に連携し対処 成田空港問題で支局交渉
仙台・日交タク 更生計画が終結 倒産から3年4カ月
二種免保有者数 運転者の高齢化深刻 若者の取得者激減
労働組合キホンのキ (9)経営側の攻撃の 手口と対応(1) ウソの反共攻撃には事実で反撃 団結を固めて一致して対処
新加盟のなかま 民主的な運営を (666)京都・京都タクシー舞鶴支部
2002/12/02 「自交労働者新聞] No.592、2002年12月1日付けから
ルールなき競争やめ安全を守れ 11・20統一行動 許すな増車・悪政推進 国交省に怒りの請願行動
国交省交渉 運転者いなければ計画変更、減車 「悪質企業の情報提供を」
厚労省交渉 最賃法違反を指導せよ 「情報もらって対応」
環境省交渉 大気汚染防止に減車を 「排ガス規制に力を入れる」
警察庁交渉 過労運転はさせるな 「使用者責任も含め追及する」
この成果を全国に 不法目的の協約破棄はやめよ 白浜南海タクシー労組 和歌山地労委 謝罪文の提出を命令
労働組合キホンのキ (8)労働協約の締結とその効力 闘いとった成果の証拠 就業規則に優先する効力もつ
2002/11/23 「自交労働者新聞] No.591、2002年11月15日付けから
第1回常執 監査強化など当局に要求 怒りを行動に春闘へ
政策委員会 タクシー運転免許への接近 当面の政策の具体化論議
民主主義徹底が大切 自主経営はチャレンジ精神で
東北ブロック総会 組織者の自立が重要 共同して運動を強める
広島地本 「自交総連が頼り」 ターミナルで街頭宣伝
年末カンパに協力を 不当解雇46人、労働条件改悪が続出 解決するまで闘うぞ
労働組合キホンのキ (7)団体交渉の方法とのぞみかた
新加盟のなかま 闘う組織が必要 (665)京都・第二ヤサカ交通労組
2002/11/1 「自交労働者新聞] No.590、2002年11月1付けから
第一交通の区域拡張を却下せよ 近運局前座り込みに200人 行政は組合つぶしに手を貸すな 大阪地連
殺害事件で支局交渉 再発防止を強く要請 神奈川地本
団交で不安定雇用に歯止め 労働条件改善に大きく前進 宮城・泉タクシースクールバス分会
タクシードライバー法を要請 日本共産党と懇談会 交運共闘
この成果を全国に 解雇無効の全面勝利 大阪地裁 最賃の保障は法律に従え 大阪・三和交通労組
増車等は5346台 運賃値下げ大幅増加 9月末現在
解説 団交や裁判の権利を奪う 新仲裁法は労働者に不利
労働組合キホンのキ 団交は労働組合の法律上の権利 拒否や不誠実な回答は禁止
新加盟のなかま 滋賀県で組合結成 (664)京都・汽船タクシー新労組
2002/10/25 「自交労働者新聞] No.589、2002年10月15付けから
逆風を突破し新たな挑戦を 第25回定期大会 危機打開へ熱心な討論 新年度方針、体制を確立
仲間を増やし悪政変えよう 来賓5氏があいさつ
長期争議組合が決意を表明 勝利の日までがんばる
くらし・雇用・いのちを守ろう 組織の強化拡大を全力で 19地方34人が発言 大会討論
幹部がチャレンジ精神で 討論のまとめ 組織建設に決起を
自交総連第25回定期大会選出役員(任期2年)
2002/10/01 「自交労働者新聞] No.588、2002年10月1付けから
一時金カットはね返す ストライキと交渉で 高知・高南ハイヤー労組
地裁命令示して追及 厚労省の判断仰ぐと回答 大阪地連中退共交渉
もうガマンできないと加盟 賃下げ「合理化」許すな 1年間の新加盟組合 切実な要求で結集
この成果を全国に 賃金は従来の条件で払え 札幌地裁 協約内容は破棄後も有効 北海道・共同タクシー労組
深夜労働で体に異変 厚労省調査 胃腸病、高血圧多い
労働組合キホンのキ 要求は全体がまとまれるものを 文面は正確に、一斉に提出
2002/09/16 「自交労働者新聞] No.587、2002年9月15付けから
怒りのエネルギー結集を 逆風突破に闘いへむけて
 2002年度方針案を確認 第4回中執
賃下げ提案に組合を結成 北海道ふじ労組 団結して解雇を撤回
区域拡張申請は組合つぶし 大阪地連が近運局要請
 局も第一交通に関心

2人の解雇事件が解決 長崎・外港タクシー労組 金銭和解が成立
会社が損害賠償請求取下げ 東京・大井労組 原告が解決金払う
自交共済第21回総会 1万5000人をめざす 自殺者の多さに懸念
暴力団や大銀行に完全勝利 神奈川・京浜自教
 10年の闘いが実る

新加盟のなかま 個人加盟から独立 (663)高知県倉庫運送労組
労働組合キホンのキ 提案は具体的に、組合員の生の声を
 会社の施設管理権の乱用は不当
2002/09/2 「自交労働者新聞] No.586、2002年9月1日付けから
2002年原水禁大会 核兵器の廃絶へ向けて
  広島に7000人が集合
残業代360万円払わせる 仙台簡裁で調停 でたらめ時間管理是正
委員長、副委員長の解雇は無効 大阪地裁数々の会社の攻撃を認定
虚偽の退職届は無効 大阪地裁 中退金の掛金を支払え
労働組合キホンのキ 年に1度活動振り返り総括
  不十分な点を直し次に活かす

解雇を撤回 北海道・ふじ交通労組
2002/08/4 「自交労働者新聞] No.585、2002年8月1日付けから
共同ひろげ働くルール守ろう 全労連第20回大会 新議長に熊谷氏
福島会津交通労組 一時金など要求実現 内外に大きな衝撃
東北ブロック幹部学校 宣伝行動で希望もてた 新加盟組合からも報告
広島・交運学習・交流会 規制緩和は失敗 11団体75人が参加
山形地連 200号記念の祝賀会 機関紙は宝もの
関西ブロック・教宣学校 職場で機関紙発行へ 継続は力を実践
この成果を全国に 北海道・共同タクシー労組 一時金不支給は不当 地労委新賃金の押付けやめよ
労働組合キホンノキ 一致する要求での行動の統一 重要な産別やナショナルセンターの役割 (2)労働組合の組織と原則は?
2002/07/16 「自交労働者新聞] No.584、2002年7月15日付けから
タクシー事故が続発 賃金低下で事故増加 人間らしい労働条件を
第6回常執 激変に負けぬ組織を 状態悪化許さない
茨城地連県 タクシー乗り場がない 陸運支局と交渉
高知・高南ハイヤー労組 障害者接客へ講習会
東京・青年部 自分たちができることを 救急法の講習会
聴覚障害者の声 聴導犬もタクシーに乗せて
労働組合キホンノキ 闘いの末かちとった権利
新加盟のなかま
   (660)埼玉・三和交通労組
   (661)東京・さがみ交通ムサシノ労組
2002/07/1 「自交労働者新聞] No.583、2002年7月1日付けから
全国平均の年収は299万円に タクシー運転者の賃金 10年間で83万円も減少 300万円を切る年収で安全輸送の確立が望めるのか
大阪地連 偽装廃業を許すな 連日キャラバン宣伝
福島会津交通労組 不当解雇を撤回 結成直後の攻撃
自交総連東北ブロック 生活苦は限界に 岩手・青森で未組織宣伝
この成果を全国に 東自教・三田支部 実質組合勝訴の決定 東京地裁 事務所は執行官が保管
介助犬と一緒にタクシーで街へ 身障者補助犬法が成立 公共輸送機関への乗車OK
2002/06/15 「自交労働者新聞] No.582、2002年6月15日付けから
実車率 過去最低の39.2% 営業収入は20年前と同じ 安全運転実態調査 限界を超える労働
第5回常執 「国民一揆型」春闘を総括 運動方針骨子案を提起
九州ブロック運輸局交渉 大口割引は10%程度 労働4団体が参加
東北ブロック運輸局交渉 1人1車制は監査 情報を局・支局に
代行から暴力団排除を 高知 公安委員会と交渉
大阪・佐野第一交通 偽装廃業を画策 明白な組合つぶし 運輸局に許可するなと要請
福岡地連 組合員が出資して設立 労働者協同組合方式の新事業体
京都地連 増車、運賃競争ストップ 安全輸送守れと声明
「改正」道路運送法−どこが変わった? どこがダメ? どう活用する?  連載 7(最終回)
運行代行法が施行 認定、マークなど義務化 違反には処分
新加盟のなかま 結成直後に解雇 (659)福島・会津交通労組
2002/06/01 「自交労働者新聞] No.581、2002年6月1日付けから
第一交通 きちんと監査 国土交通省交渉 下限以下の値下げ労働者の合意が必要
厚生労働省交渉 悪質事業者厳正に対処 違約金は労基法違反
岸和田労基署 第一交通の法違反を確認 指導強化を約束
千葉・柏労基署 イースタン・古知代表処分を あらゆる手段で対処
有事法制阻止へ4万人 大阪でも5600人が集会 労組、団体の枠越え廃案へ共同広がる
「改正」道路運送法−どこが変わった? どこがダメ? どう活用する?  連載 6
2002/05/15 「自交労働者新聞] No.580、2002年5月15日付けから
第一交通を監査・指導せよ 衆院・国土交通委員会 大幡議員(共)が追及
働く仲間は団結しよう 第73回メーデー 戦争法阻止など掲げ 全国372か所で集会
東京労働局 労災新基準にそって 過労防止へ労働時間を指導 福祉タクなど東京都と交渉
近畿運輸局 運賃原価に疑問なら認めず 労働条件をチェック
神奈川 同一運賃守れ 全事業者に要請
法違反80%、告示違反55% 厚労省監督結果 「事後チェック」に不安
厚生労働省 残業は月45時間以内に 過労防止の通達 労災発生には司法処分も
核兵器のない地球を 平和大行進が広島へむけ出発
「改正」道路運送法−どこが変わった? どこがダメ? どう活用する?  連載 5
2002/05/01 「自交労働者新聞] No.579、2002年5月1日付けから
医療改悪やめろ 悪質企業許すな −4・12国民総行動
第一交通糾弾キャラバン 東西から大阪へ
値下げ競争は自殺行為 事業者に公開質問状 −大阪
新規・増車は3000台 運賃改定申請は148社
過労死させない行政を 労災認定基準で追及 −千葉
乗合タクなどに補助 車両購入費など1655万円 −茨城
新加盟のなかま
  組織を統一し加盟 (658)高知・高南ハイヤー労組
「改正」道路運送法−どこが変わった? どこがダメ? どう活用する?  連載 4
2002/04/15 「自交労働者新聞] No.578、2002年4月15日付けから
「提案型」で経営の責任追及 第3回中執地方代表者会議 定昇凍結、賃下げは許さない
悪質企業の横暴を許すな 東京・福岡 第一交通糾弾キャラバン出発
増車・値下げ競争では自滅 宮城 タクシーシンポに170人
雇用・労働条件守る 東京・山王交通労組 企業譲渡の闘いで勝利
大阪 運輸局 値下げ認めるな 労基署 第一交通を告発
「改正」道路運送法−どこが変わった? どこがダメ? どう活用する?  連載 3
2002/04/01 「自交労働者新聞] No.577、2002年4月1日付けから
年収格差は238万円 タクシーと男子常用労働者(2000年)
山梨・甲府名鉄労組 脳出血での障害に労災認定
この成果を全国に 高知・明神観光労組 一時金は月例給と不可分
この成果を全国に 大阪・金剛自動車労組 一時金支給の仮処分
大分 自主経営のセキタクシー 車イス専用車を導入
定昇払わねば労基法違反 定期昇給凍結の違法性について
連載2 台数規制の廃止は間違い 運転者の確保チェックを
新加盟の仲間
    一番親身な総連へ (657)神奈川・コスモ支部
2002/03/15 「自交労働者新聞] No.576、2002年3月15日付けから
4・12国民統一ストに決起 第一交通糾弾のキャラバン
神奈川地本  大量の増車に抗議 経営責任を追及
大阪労働局交渉 改善基準に沿って指導強化
宮城・安全タクシー労組 利用者と駅改善 東南直結道路が開通
法「改正」で責任転嫁の動き 罰金、処分強化に警戒を
新連載 抜本「改正」された道運法 関係法令も大幅変更
新加盟の仲間
    一方的配転や降格 *(千葉)流山自校労組
2002/03/01 「自交労働者新聞] No.575、2002年3月1日付けから
累進歩合の改善指導せよ 2・22地域総行動
2・1行動続報 運輸局、陸運支局で訴え
乗務員の確保などチェック 関西ブロック運輸局交渉
「改正」道路運送法施行 参入・増車、値下げ申請相次ぐ
違反点数制 80点超で許可取り消し
職場復帰の和解成立 宮城・塩竈交通労組
生活が苦しい87% 2002年春闘アンケート
新加盟の仲間
    有休制限おかしい(656)東京・飛鳥第6労組
2002/02/15 「自交労働者新聞] No.574、2002年2月15日付けから
安心・安全破壊の規制緩和に抗議 2・1行動
この低賃金どうしてくれる 集会・デモ・スト・宣伝など
必要な運転者の常時選任 国土交通省交渉
新加盟の仲間
   差別や退職勧告 (654)神奈川・湘南台自校支部
2002/02/05 「自交労働者新聞] No.573、2002年2月1日付けから
2002年春闘方針確立 第24回中央委員会
結成の初心に立ち戻り「反撃、初年の闘い」に決起
   19地方23人が発言
学び闘い、闘い学ぶ春闘を 法人の存在意義を問う
労働者の権利を守る闘いを交流 第24回関係弁護士交流会
2001/12/27 「自交労働者新聞] No.572、2002年1月1日付けから
すべての自交労働者の先頭に 耐えがたい痛みの悪政打破
   自交総連中央執行委員長 領家光徳 新年のごあいさつ
2002年おめでとう  仲間を増やして反撃の年に
迷惑タクシーに苦情 台数を減らすしかない 仙台でマスコミも注目

2000年 2001年 2002年 2003年
2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年
2012年 2013年 2014年 2015年
2016年 2017年              



自 交 総 連