2000年 2001年 2002年 2003年
2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年
2012年 2013年 2014年 2015年
2016年 2017年 2018年 2019年
2020年 2021年 2022年              

掲載日 内    容
2022/02/28 「自交労働者新聞」 No.956、2021年12月15日付けから
コロナから交通運輸労働者を救え/国交省・厚労省・内閣府と交渉/11・11中央行動
国土交通省・厚生労働・省内閣府交渉
実証実験、注文ない/運賃改定は視野に入れている/全タク連交渉弁
事実上「9時間」への後退/厚労省が休息期間の追加案/改善基準見直しタク部会
この成果を全国に
東北・自交総連ハイタク一般労組/全員解雇事件で解決金かちとる/継続雇用を事実上認める和解成立

情報電子版 記事紹介
2021/11/19 「自交労働者新聞」 No.955、2021年11月15日付けから
コロナ危機に立ちむかい、白タク合法化阻止、組織の強化拡大/最賃と雇用を守るとりくみを/第44回定期大会
組織力をつけなければ要求実現しない/7地方9人が発言、ZOOMも使用/大会討論
実利ある運動で組織拡大を/教訓として全国でもとりくんで/執行部答弁
大会宣言
ライドシェア推進の維新に警戒/総選挙の結果(談話) 書記長 菊池和彦
労働時間を短縮し、賃金増を/使用者側は休息期間11時間に反発/改善基準告示改正 専門委員会
業界で需給調整し営収増を/タクシー労働者組織化総がかり行動にとりくむ/関西地連
各地の大会/東北、静岡、大分、高知で大会開催
情報電子版 記事紹介
2021/10/21 「自交労働者新聞」 No.954、2021年10月15日付けから
タクシーの未来のため選挙に行こう/いのちと生活を守る選択を/衆議院総選挙
おさいふに入るビラで組織拡大/最低賃金未払い・事故修理代負担の相談続々/福岡地連で3つの分会が結成
雇用の維持と適切な申請を/歩合給の雇調金の助成額算定方法が変更/実際の休業手当額に応じた助成額に
最低賃金法違反チェックのポイント/最賃は必ず支払われなければならないもの
加入人員を5000人に/未加入地方への対策強化とりくむ/自交共済第40回総会
情報電子版 記事紹介
各地の大会/東京、神奈川、埼玉で大会開催
座り込み行動に6人が参加/NHK・地元民放が現場取材に/長崎地連
新加盟のなかま
(861)福岡・福岡自動車交通労組 サンタクシー分会/(862)東北・ハイタク一般労組 愛子タクシー支部/(863)福岡・福岡自動車交通労組 三興タクシー分会/(864)福岡・福岡自動車交通労組 国際タクシーグループ分会

2021/10/21 「自交労働者新聞」 No.953、2021年09月15日付けから
選挙に行って政治を変えよう/自交労働者と日本の未来かかる衆院選/投票は簡単、必ず投票しましょう
危険な輸送方式の見直しを/各メディアで報道、反響呼ぶ/五輪組織委員会へ声明を提出
時間額1500円の最賃を/地方最賃審へ異議申出書を提出/大阪地連
立ち退き対象者らと交流/石木ダム座り込み行動に参加/長崎地連
2021/7/21 「自交労働者新聞」 No.952、2021年07月15日付けから
労働者と職場をまもることが重要/21年春闘の評価と今後の課題/中央執行委員長 城政利
東京都議会議員選挙の結果 菅政権への不信突きつける/本部書記長 菊池和彦
コロナ危機だからこそ最賃大幅引き上げを/労働者が最低限の生活を維持できるように/中央最賃審議会へ全国一律化を求める意見書を提出
休息期間11時間、改善基準の法制化を/改善基準告示改正についての意見書 全委員へ提出
県内で組合づくりの芽/組織拡大調整会議を開催/高知地連
307自治体でタクシー・バスを活用/運転者・事業者にとっても貴重な輸送需要に/ワクチン接種でタクシー・バスが活躍
ライドシェアとの結びつき示す/Uberが変動運賃制度の変動幅拡大を求める
移動制約者にもっとタクシーを/国が公共交通を維持する政策提言/交通運輸政策研究会(交運研)第31回総会
2021/7/21 「自交労働者新聞」 No.952、2021年07月15日付けから
労働者と職場をまもることが重要/21年春闘の評価と今後の課題/中央執行委員長 城政利
東京都議会議員選挙の結果 菅政権への不信突きつける/本部書記長 菊池和彦
コロナ危機だからこそ最賃大幅引き上げを/労働者が最低限の生活を維持できるように/中央最賃審議会へ全国一律化を求める意見書を提出
休息期間11時間、改善基準の法制化を/改善基準告示改正についての意見書 全委員へ提出
県内で組合づくりの芽/組織拡大調整会議を開催/高知地連
307自治体でタクシー・バスを活用/運転者・事業者にとっても貴重な輸送需要に/ワクチン接種でタクシー・バスが活躍
ライドシェアとの結びつき示す/Uberが変動運賃制度の変動幅拡大を求める
移動制約者にもっとタクシーを/国が公共交通を維持する政策提言/交通運輸政策研究会(交運研)第31回総会
2021/6/15 「自交労働者新聞」 No.951、2021年06月15日付けから
「運賃認可制度の乱暴な破壊」/7月に本部顧問弁護団としての見解出す/ダイナミック・プライシング導入反対
性急にすすめようということではない/武田参議院議員(共)の質問に大臣答弁
コロナ患者を移送する運転者は医療従事者としワクチン優先接種
使用者側は賃金下がると時短に難色/ハイタク作業部会で議論始まる/改善基準見直し専門委員会
非常に苦しい実態/4月の営収状況 3月から反転し低下/新型コロナウイルスの影響調査(国交省、全タク連)
21年全労連わくわく講座 開講中!/コロナ禍の今、スキマ時間を活用して学習しませんか
2021/6/15 「自交労働者新聞」 No.950、2021年05月15日付けから
「こんなの入ったら客がいなくなる」/チラシを配布して制度を説明/変動制運賃反対宣伝行動
使用者側は休息期間の延長に後ろ向き/実態調査結果を報告/改善基準見直し専門委員会
変動運賃ではタクシーに乗れない/タクシーへの要望も受け取る/全視協と懇談
賃金底上げ求める運動を/第92回中央メーデー
国民投票法案への警戒表明/5・3憲法集会
5月以降の雇調金特例措置は?/特に業況が厳しい企業は6月末まで特例を継続
依然として苦しい実態/タクシー・貸切バス、4月以降も厳しい見通し/新型コロナウイルスの影響調査(国交省、全タク連)
ハイタクの走行キロ当たり事故は増加/19年事業用自動車の交通事故発生状況まとまる
2021/4/20 「自交労働者新聞」 No.949、2021年04月15日付けから
ダイナミック・プライシング反対/タクシー運賃への導入検討/ダイナミック・プライシングについてのコメント
変動運賃制導入するな/内閣府・国交省からレク、共産党議員らと懇談
最後までたたかう/解雇無効求め申し立て/鹿島タクシー支部
情報に「ありがとう」の声/駅宣伝行動、労働局交渉を実施/東北地連
協会としての発信を/阪タク協交渉にとりくむ/大阪地連
5月から作戦開始/組織拡大へ調整会議を実施/鹿児島地連
年収格差は224万円に/タク年収、コロナ禍で38万減少/タクシー労働者労働条件比較
月賃金総額で計算はだめ/働いた労働時間に応じる/部分休業時の最賃の支払い
新型コロナウイルスの影響調査/緊急事態宣言によりタク営収連続悪化
2021/3/19 「自交労働者新聞」 No.948、2021年03月15日付けから
コロナ危機突破、ライドシェア阻止/変動運賃導入の危険性訴える/3・5中央行動
コロナ対策強化して労働者を守れ/国土交通省・厚生労働省・全タク連交渉
賃金確保に全力/最賃の確実な支払いを/2021年春闘
変動運賃制に反対/すべての組合が春闘要求提出を/第4回中央執行委員会
相談に応える体制を/3〜5月は組織拡大月間/全労連の最重点計画にエントリーしよう
コロナでも春闘はたたかう/各地で春闘学習会ひらかれる
共闘つよめ危機乗り越える/職場・地域の現状報告/交運共闘第32回総会
健康診断に脳ドックの義務付けを/検診未受診の処分強化案 国交省にパブコメ提出
『自交労働者情報』(電子版)の購読を/購読し学習を深めよう 新聞購読者は無料です
2021/2/22 「自交労働者新聞」 No.947、2021年02月15日付けから
感染予防しながら対話/緊急事態宣言下でも/2・1宣伝行動
コロナ危機突破へ/春闘方針案を満場一致で可決/第43回中央委員会
雇調金・休業支援金の適正な運用を/休業手当は就労実績にもとづいて支給/厚労省に緊急要請
「ぐるりんあきう」試験運転始まる/乗合タクシー事業を行う/東北地連 秋保交通労組
月収10万円未満になったが56%/コロナで営収・賃金低下が深刻/21春闘アンケート集計結果
二度目の緊急事態宣言/雇用調整助成金だけでなくコロナ休業支援金の活用も
新型コロナウイルスの影響調査(国交省、全タク連)/タク営収 11・12月は悪化1月以降さらに厳しい見通し
2021/02/22 「自交労働者新聞」 No.946、2021年01月15日付けから
産別の存在意義を発揮/城委員長あいさつ
ウェブ口頭弁論の実施阻止を/本部顧問弁護団 小賀坂徹弁護士

新年への抱負〜新加盟の仲間から〜
この成果を全国に
福岡・福岡自動車交通労組/差額賃金支払いを命令/組合へ加入したこと理由の残業禁止は不当労働行為

112万円を支給/新型コロナウイルス本人死亡で/自交共済

2000年 2001年 2002年 2003年
2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年
2012年 2013年 2014年 2015年
2016年 2017年 2018年 2019年
2020年 2021年 2022年              




自 交 総 連