2000年 2001年 2002年 2003年
2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年
2012年 2013年 2014年 2015年
2016年 2017年              

掲載日 内    容
2003/12/15 「自交労働者新聞」 No.615、2003年12月15日付けから
自交総連04春闘 全員参加で総決起を 思いを束ね、世直しへ
奈良地本と合同労組が統一 奈良 25年に及ぶ闘いを総括 今後は組織拡大を重視
全国で規制緩和の弊害暴露 11・19各地の行動 宣伝、交渉などを実施
この成果を全国に 福岡・西鉄タクシー労組
  ビラ配布に不当性はない 福岡高裁 解雇無効の一審判決維持
自衛隊のイラク派兵やめよ 12・10集会 7000人が怒りの参加
新加盟のなかま
 *四日市つばめ交通労組
人身事故対処マニュアル (11)資料揃えと不起訴後の対応
2003/12/1 「自交労働者新聞」 No.614、2003年12月1日付けから
どうしてくれる 安心・安全 11・19統一行動 規制緩和失敗の責任を取れ 国交・厚労省に怒りの請願
規制緩和の失敗を認めろ 国交省交渉 「結論を出すのは時期尚早」
規制緩和の害悪が明らかに 交通問題研究会 労働者の闘いが重要
新加盟のなかま
 (681)東京・実用労働組合
人身事故対処マニュアル (10)嘆願書の作成と飲酒運転の対応
2003/11/15 「自交労働者新聞」 No.613、2003年11月15日付けから
神奈川地本 無理な増車で刺傷事件も発生 186人が抗議の座り込み行動
秋闘の前進へ意志統一 第1回常執 春闘の重点について討議
総選挙結果 国民との矛盾生む一極化 今後は悪政に負けぬ闘いを 自交総連中央執行委員長 領家 光徳
双方のいいところを学ぶ 東京地連 日交・南部ブロックが統一
自交総連の旗を東北地方に 東北B総会 5000人の組織建設めざす
各地の教訓や改善学ぶ 自主経営対策会議 7地方24人が交流・討論
不当解雇101人、労働条件改悪目立つ 年末カンパに協力を 不当攻撃と闘うぞ
人身事故対処マニュアル (9)警察官による現場検証での対応
2003/11/1 「自交労働者新聞」 No.612、2003年11月1日付けから
佐野南海労組 闘いはいまだ道半ば 55人不当解雇に全面勝利
平和と民主主義を守るたたかいを 総選挙 自公保政権の悪政に審判を
規制緩和、消費税、労働、憲法… 自交労働者の要求から考える
人身事故対処マニュアル (8)聴聞での対応と相手へのお見舞し
新加盟のなかま
 (679)大阪・ハンドルネットワークユニオン
 (680)大阪・朝日交通川西労組
2003/10/15 「自交労働者新聞」 No.611、2003年10月15日付けから
たたかう自交総連の本領発揮を 第26回定期大会
第26回定期大会参加者数
組織の強化拡大で3万人の回復を 大会討論 職場活動を全力で 14地方23人が発言
実利・実益の確保を全力で 討論のまとめ 組織の強化拡大が重要
組織拡大で要求実現を 来賓4氏があいさつ
2003/10/1 「自交労働者新聞」 No.610、2003年10月1日付けから
第一交通の偽装廃業を断罪 大阪・佐野南海労組に勝利決定
組合員3人を不当解雇 会社の攻撃と闘う 北海道・ふじ交通労組
不満を持っている労働者に 呼びかける地道な努力が必要
健康に起因する事故件数 ハイタクは前年の2倍
人身事故対処マニュアル (7)公安委の呼び出し
2003/09/16 「自交労働者新聞」 No.609、2003年9月15日付けから
たたかう自交総連の再構築を 組織拡大を全力で 第5回中執秋闘方針を決定
組織実勢3万人めざす 3か年計画組合員の意志統一
第一交通グループの行政処分13件 政府答弁法違反には厳正に対処
地域住民の足を確保 大分・新三隈タクシー 正式運行めざしアンケートを実施
3分の1が特別監視地域に 沖縄本島は再度緊急地域
自交共済第22回総会 在職死亡が増加 1万5000人めざす
人身事故対処マニュアル (6)検察でサインを求められたら
2003/09/1 「自交労働者新聞」 No.608、2003年9月1日付けから
天下のMK頭をさげる 不当配転に勝利判決 京都・駒タク労組 会社側と和解成立
運転者資格等は厳格に審議 ボランティア輸送 基本はあくまでタクシー
いま、核兵器の廃絶を 原水禁2003年世界大会・長崎 自交総連から42人が参加
人身事故対処マニュアル (5)調書が修正されない場合の対応は
2003/08/1 「自交労働者新聞」 No.607、2003年8月1日付けから
悪質企業放置するな 小沢議員が第一交通追及
規制緩和の実態報告ルポ 実車率過去最低の42%
この成果を全国に 乱脈経営に反省求める 退職金1450万円払わせる
人身事故対処マニュアル (4)検事の取り調べへの対応
新加盟のなかま
 (675)北海道ハイタクユニオン
 (676)福島・川俣本田自動車労組
 (677)神奈川・ワイキャブ横浜支部
 (678)神奈川・ワイキャブ相模原支部
2003/07/18 「自交労働者新聞」 No.606、2003年7月15日付けから
本採用で職場復帰 大阪・金剛自動車労組 勝利的和解で解決
この成果を全国に 宮城・秋保温泉タクシー労組 集交での合意は有効
佐野南海労組 偽装廃業に抗議の宣伝 裁判に向け署名を実施
第7回常執 団結して要求かちとる 労組の原点を重視
規制緩和の実態報告ルポ 福岡
  違法駐車で検挙されるタクシー ルールを守れば稼げず
福岡 ノルマの強要をやめろ 法違反で会社を告発
過労死認定前年の倍 運輸業が最多 労災でもタクは突出
人身事故対処マニュアル (3)検察庁から呼び出しのハガキがきたら
2003/07/01 「自交労働者新聞」 No.605、2003年7月1日付けから
02年の交通事故 依然高水準な事故件数 タクシーの増加率は突出
タクシー年収 全国平均は278万円に 賃金低下に歯止めかからず
規制緩和の実態報告ルポ 神奈川
  1000台増車、駅にも入れず 重大事故は260%の増加
東京地連 新作リーフレットで宣伝 今後も未組織宣伝に活用
宮城地連 ヘルパー指導者研修を実施 ワンランク上の技術を学ぶ
千葉地検 労基法違反で経営者を起訴 再三の是正勧告を無視
この成果を全国に
  奈良・生駒市衛生社支部 組合結成で解雇は不当
  宮城・塩釜交通労組 組合嫌悪の処分は無効
人身事故対処マニュアル (2)事故後はどんなことでもメモに
新加盟のなかま
  (674)神奈川・生田高砂交通支部 親睦会から組合へ
2003/06/20 「自交労働者新聞」 No.604、2003年6月15日付けから
西日本キャラバン 組織拡大と第一交通糾弾
  大阪〜福岡1200キロを宣伝
東北B宣伝行動 悲惨な労働実態明らか 自交総連への期待大
要求を取れば信頼得られる 第6回常執 春闘を中間総括
安全運転実態調査 営収は依然低レベル 「安全運転では食えない」
福島地連  介護タクの今後を学習 学習会に53人が参加
京都地連アンケート タクシー台数「多い」が8割 結果を今後に活用
交運共闘実態調査 空車で埋まる繁華街 タクシー職場の痛みを実感
人身事故対処マニュアル (1)人身事故は的確な対処と相談を
新加盟のなかま
  (671)奈良・京都ハイウェイ支部 奈良支部とともに奮闘
  (672)奈良・生駒市衛生社支部 組合結成で労働条件改善
  (673)東京・内山観光労組 労働条件改善に向け
2003/06/05 「自交労働者新聞」 No.603、2003年6月1日付けから
今後のタクシーを提言 関西B・タクシーシンポ 内外から210人が参加
未組織の仲間は団結しよう キャラバン行動 西日本各地で宣伝
この成果を全国に 宮城・古川安全タク労組
  調停で休業の撤回を確認 確認条項は裁判と同じ効力
タクシー実態アンケート 6割が事故やヒヤリを経験
  タクシー「多すぎる」94% 違法行為も続出
年収格差は238万円 タクは他産業の半分以下
労基法違反率83・7% 少なすぎる監督実施数
新加盟のなかま(670)宮城・三紀トラフィック分会 職場復帰をめざす
2003/05/20 「自交労働者新聞」 No.602、2003年5月15日付けから
働くものの団結で権利を守ろう
第74回メーデー タクシー減車などを掲げ 自交労働者も各地で参加

東京地連 運輸局前で請願決起集会
経営者と行政は責任を果せ
宮城交運共闘 134人、64台で車両デモ
この成果を全国に
・福島・観光自動車労組
闘争積立金は返還せよ 闘争積立金は返還せよ
・大阪・東豊観光労組
大阪高裁 過去の賃金差別も認める
「ブッコミ」したが4割
福岡地連実態調査 労働者の不満爆発


労働組合 キホンのキ(16)政策活動、提案ができる組合に
2003/04/29 「自交労働者新聞」 No.601、2003年5月1日付けから
第一交通の無法は許さない
  大阪地連決起集会 激励に内外から250人が参加
この成果を全国に  大阪・佐野南海労組
  第一交通を相次ぎ断罪 共済金横領と一方的賃下げ
空車タクシーで街は大渋滞
  東京地連実態調査 規制緩和の弊害続出
規制緩和の実態報告ルポ
  北海道 平均営収低下で賃金減少 労働者の3割が最賃割れ
タクシー労働実態アンケート
  山口でもタクシー「多すぎる」 規制緩和で街はタクシーだらけ
市に需給調整を要請
  横須賀市議会 国へ働きかけると回答
処分基準を変更 労働時間違反を軽く
労働組合 キホンのキ (15)欠かせない財政と教育宣伝活動
2003/04/18 「自交労働者新聞」 No.600、2003年4月15日付けから
大阪・佐野第一交通 偽装廃業、全員解雇の通告
  組合つぶしの暴挙 手を貸した近畿運輸局
第4回中執 4月中決着へ行動ゾーン 今後の闘い方を検討
国交省交渉 組合つぶしの廃業許すな 終始責任回避の対応
厚労省交渉 介護タクの報酬改善を要請 現状を把握し検討したい
規制緩和の実態報告ルポ
  大阪市内 多重運賃で競争激化 事業者のモラルも崩壊
タクシー労働実態アンケート
  ヒヤリとした経験「ある」が6割 規制緩和で安全輸送は崩壊
いっせい地方選挙と自交労働者(3)
  タクシー規制緩和、国民負担増の悪政に審判
  国政変革にもつながる選挙
労働組合キホンのキ (14)組合員を増やすほどつよくなる
2003/04/03 「自交労働者新聞」 No.599、2003年4月1日付けから
03春闘 要求提出の遅れ克服 一職場一重点要求の実現を
タクシー労働実態アンケート
  「タクシー多すぎる」が9割 規制緩和の悪影響あきらか
規制緩和の実態報告ルポ 成田空港 くじ引きで決まる運命
イラク攻撃は中止せよ 3・21集会 日比谷に5000人の声
いっせい地方選挙と自交労働者(2)
  逆立ち政治を変え 住民本位の自治体をめざす
労働組合キホンのキ (13)専門部活動で全員が主人公に
2003/03/21 「自交労働者新聞」 No.598、2003年3月15日付けから
国は規制緩和失敗の責任をとれ
  3・4行動 国会前で抗議行動 座り込み1000人参加
第1回中闘 03春闘の対策を確認 全組合が要求提出を
組合員を不当配転 MK・駒タクシー 組合つぶしに狂奔
組合の同意なく休廃業するな
  宮城・安全タクシー労組 簡易裁判所へ調停申し立て
タク事業者への行政処分 各運輸局 局により処分数に差
労働組合キホンのキ  (12)幹部配置と執行委員会のもち方
いっせい地方選挙と自交労働者(1)
  自治体が変われば実現できる政策がたくさん
新加盟のなかま 組織拡大に奮闘 (668)千葉・小湊鉄道バス労組
2003/03/06 「自交労働者新聞」 No.597、2003年3月1日付けから
局は事態の改善を図れ
  京都地連請願行動16組合300台が参加
  駅頭などでビラ300枚配布 中国ブロック宣伝行動
  タクシー台数多すぎる97.4% 大阪地連・アンケート調査
成田空港 定額運賃でアブレ続出 県外車両の違法行為も影響
福祉・介護交流会 特別報告
  制度の改悪には抗議を
  介護タクシーは質が重要
ビラ配布で解雇は無効 福岡地裁配布目的に不当性ない 福岡・西鉄タクシー労組
労働組合キホンのキ (11)不当解雇・処分とのたたかい
2003/02/20 「自交労働者新聞」 No.596、2003年2月15日付けから
安心・安全、労働者のくらしを守れ 2月1日 規制緩和後丸1年
  全国で宣伝行動 座り込みも
2003年春闘アンケート 仕事をやめたいが7割 厳しい実態があきらかに
東北ブロック教宣学校 教宣の大切さを学ぶ 3地方から25人が参加
この成果を全国に 宮城・秋保温泉タクシー労組
  一時金不支給は信義則に違反 仙台高裁 労使の直接合意を認定
福祉・介護交流会 特別報告
  6社6労での福祉輸送構想/ヘルパー取得1000人めざす
労働組合キホンのキ (10)経営側の攻撃の 手口と対応(2)
移新加盟のなかま 強い団結が必要(667)ワーカーズコープ福岡労組
2003/02/06 「自交労働者新聞」 No.595、2003年2月1日付けから
《第25回中央委員会特集》
03春闘いまこそ怒りを行動に
労働組合の力が求められている
安心・安全守れ、暴走政治ストップ
学びつつ闘い、闘いつつ学ぶ
役員の変更を承認
第25回関係弁護士交流会
移動の権利守る実践交流
組合つぶしに手を貸すな
2003/01/07 「自交労働者新聞」 No.594、2003年1月1日付けから
人間復興の新たな途を開く悪政転換のため奮闘を
新しい自教労働運動の1年にピンチをチャンスに変えて
組織拡大をめざし昨年以上に奮闘する
労働者へのしわ寄せは認める
吉川議員(共)参院で質問小泉首相が答弁」

介護タクメインに運行福岡 ワーカーズコープタク 組合員45人で起業
戸惑いながらも新聞できた 関東ブロック教宣学校 初参加者が8割
運賃競争反対の声明 減収分の補償を求める
自動車教習所労働者のページ 最新ニュース

2000年 2001年 2002年 2003年
2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年
2012年 2013年 2014年 2015年
2016年 2017年              



自 交 総 連